日高 美治 様

認定試験に合格された方の声

日高 美治 様
社風改善に取り組みやすくなった
日高 美治 様

キューハイテック株式会社 代表取締役
全日本マネジメントコーチング協会 九州ブロック 常任理事

この企業のホームページへ

コーチング協会で、学んできて良かったこと

理事メンバーの一人としてマネジメントコーチング6ヶ月研修で学んだことを、錆びらせることのないようにしようとする意識が働いていることです。そして、このことが、自社における人材育成や、よりよい社風形成に取り組む意欲を促すなど、自社の経営改善活動にも活かされていると思います。

また、マネジメントコーチングを単なるコーチングスキルの習得というものだけでなく、幅広く物の見方、考え方、いわゆる健全な価値観の醸成に役に立っていると感じています。

変化したこと

一番は自分の人生観、社会観、人間観、仕事観がマネジメントコーチングを学ぶ以前と比較して大きく変わりました。自分自身を振り返ること、他人の良いところを探すという訓練を行ううちに、自分の生き方を客観的に見ることが多くなってきます。このことが、健全な価値観育成にとても良いと感じます。そして、それは、経営理念の確立と浸透などにもつながってきます。

また、脳科学理論などをプラスして学ぶことにより、「何故、人は悩むのか」「なぜ、問題は発生するのか」などという思考のプロセスや組織の仕組みまで深く考える機会が沢山増えたことも変化の要因の一つでしょう。

成功事例

自社の「理念と経営」社内勉強会、13の徳目朝礼などのツールを通じて、社風改善に取り組みやすくなりました。「さぁ、やるぞ!」と決めて社内に導入したにも関わらず、定着するのには、各企業が持っているそれぞれのプロセスがあります。我社も創刊の年から勉強会を始めましたが、定着させるのに他の企業様よりも時間がかかりました。そのプロセスを通じて、社員さんの物の見方、考え方、価値観などをいろんな角度で捉え、考えることができました。このことは、「人」そのものを経営資源の柱と考える経営者にとって、とても大切なことだと改めて感じることができました。

資格を今後どう活用していく予定ですか

理事メンバーとして、マネジメントコーチング協会の資格を通じて、マネジメントコーチングの普及活動に努め、社風改善、コミュニケーションスキルアップなど、より実践的な手法を協会員の皆さんと一緒に学び、やる場創りのお手伝いをさせていただきたいと思っております。

一覧へ戻る

  • 第10回全国大会のご報告
  • 認定試験合格者の声
  • コーチングスキル向上勉強会
  • Facebookページ
  • 理念と経営
  • 13の徳目
  • 理念と経営 コーチング型カレンダー
  • 田舞徳太郎会長通信ブログ